注目キーワード
  1. 日常
  2. グルメ
旅行やグルメが大好きなのと、僕が感じた日常で色々な癒される事や、伝えたいことを共有していきたいと思います。。

農心「スパイシーノグボナーラ」を食べてみた感想

  • 2020年8月16日
  • 2020年8月16日
  • 食べ物
  • view

こんにちは、あつしです。

今回は、韓国のインスタントラーメンブランド、農心の「スパイシーノグボナーラ」を食べてみたので感想をお伝えします。

韓国のインスタントラーメンは、麺がしっかりしているので食べ応えがあり、満足感があります。

農心は「辛ラーメン」が有名ですね。僕もとても好きで、うまからっ!のキャッチフレーズの通りの期待を裏切らない美味しさです。

この度、お店で新しく「スパイシーノグモナーラ」を発見したので辛さに挑戦してみようと思い手に取りました。

みなさんの参考になるよう、レビュしていきます。

□「スパイシーノグボナーラ」とは

□原材料、成分

□価格

□食べてみた感想

◎「スパイシーノグボナーラ」とは

いか、えびなどさまざまな海鮮のコクと旨みが特徴の「ノグリ」ラーメンに唐辛子をベースにしたオリジナル激辛スパイス、食欲をそそる特製チーズスパイスを加えた、激辛カルボナーラ味です。コシのある、もちもちした太麺にソースがよく絡みます。「ノグボナーラ」とは「ノグリ」ラーメンシリーズの「カルボナーラ味」ということからネーミングされたものです。汁なし麺。

◎原材料、成分

原材料:

油揚げめん(小麦粉、でん粉、植物油脂、食塩、シーフードペースト、調味油)、粉末スープ(糖類、魚介エキスパウダー、チーズパウダー、調味酵母エキス、粉末植物油脂、香辛料、しょうゆ、コチュジャン粉末、でん粉、食塩、玉ねぎ風味粉)、かやく(かまぼこ、昆布) / 加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE、緑茶抽出物)、香辛料抽出物、かんすい、微粒二酸化ケイ素、乳化剤、ビタミンB1、ナイアシン、鉄、酸味料、ビタミンB2、葉酸、(一部に小麦・大豆・乳成分・えび・いかを含む)

成分:

エネルギー568kcal
たんぱく質10.3g
脂質17.5g
炭水化物92.2g

※食塩相当量:3.4g

低糖質おやつなら【楽園フーズ】
◎価格

農心「スパイシーノグボナーラ」134g(めん108g)

価格:オープン価格となっています。

◎食べてみた感想

お店で手に取った際、最初に感じたのは、他メーカーのSAMYANG「プルダックポックンミョン」みたいな辛い麺だ!凄く辛そう・・・でした。

「プルダックポックンミョン」もカルボナーラ味があり、どちらが辛いのかなと辛さの不安があり、口に運ぶまで変な緊張をしてしまいました(笑)

具材に昆布とタヌキのキャラクターのかまぼこが入っているので、旨味と魚介のほのかな香りが漂い、辛さにチーズのクリーミーさが絡まって濃厚な味でした。

「プルダックポックンミョン」との辛さ違いは、最初に口に入れた時はすぐに辛さの刺激はそこまで強くなく、途中から激辛の刺激が来た感じでした。

辛さのレベルはどちらも同じような感じでしたが、「プルダックポックンミョン」の方が終始とんでもない激辛さなので、「スパイシーノグボナーラ」の方が食べやすかったです。

辛いものが大好きな方、挑戦してみたい方は是非挑戦してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あつし

最新情報をチェックしよう!